アッと驚く名前でわかる、この世はパラレルワールド!

アッと驚く名前でわかる、この世はパラレルワールド!

アッと驚く名前でわかる、この世はパラレルワールド!

今は日本の歴史の教科書から
「聖徳太子」が「厩戸皇子」と書かれたり、
消されたりしているようです。

 

私の時代は「お札」といったら「聖徳太子」

 

今までお札の肖像になった回数は
1位のはずです。

 

それなのに、

 

聖徳太子は実在の人物ではなかった、とか
色々歴史学者が辻褄が合わないことで
「消す」方向に時代が流れているのでしょうか?

 

 

私は『ムー』愛読者なので「トンデモ本」と
言われても、女性週刊誌よりずっと好き!
トンデモ本は大好物なんです。

 

火の無いところに煙は立たずですから、
トンデモ内容にも、曲解していても
ひとかけらは真実があると思っています!

 

古代はわからないからこそ、
浪漫があるんです。ロマンは大事。

 

それなのに、私の敬愛する
「十七条の憲法」を作った聖徳太子を
架空の人物と捉えるというのは
「いかがなものでしょう?」と言いたいです!

聖徳太子の名前の説明は
何時間でもしたいほどですが、
今回は聖徳太子のブレーン、

 

蘇我馬子を「名前物語」してみます!

では、蘇我馬子を解読してみましょう

「蘇」という字は「草」「魚」「木」、茨の冠のことです。魚の骨のように棘がある冠

「我」はそのまま読むと「われ=私」ですね?前の「蘇」はよみがえりと読みますね?

「馬」も「馬小屋」で生まれた

「子」は、「神のひとり子」イエス・キリストそのものの「名前」といえます。

 

 

「茨の冠を被せられ、磔刑にされたが、
蘇った馬小屋で生まれた神のひとり子」

 

となります。

 

この世は「時空」を超えたパラレルワールドだと考えられていますね?

 

このように、古事記に出てくる名前にこそ、
真実が隠されています。

 

「蘇我馬子」はイエス・キリストと
相似形の「使命」と「本質」を持っていたと
私は確信します。

 

あなたの「使命」と「本質」は「名前」であり、
それは「命」=宿命なのです。

なぜならば、
あなたのこの世での「使命」と「本質」は
生まれる前から決まっていたからです!

明日から「名前物語」をプレゼントします!
お楽しみにね!

お悩み・お問い合わせ

お悩み・筆跡診断のお申込みを承っています。
お気軽にお問い合わせください。