人の本名は、その人の霊的な人格=魂と結びついている

人の本名は、その人の霊的な人格=魂と結びついている

人の本名は、その人の霊的な人格=魂と結びついている

 

それぞれの人の本名は、それぞれの
人物の霊的な人格と結びついているから、

 

その本名を口にするとその霊的な人格を
操ってしまうと考えられていた・・・

 

だから綱吉がムスメの「鶴」の字を
使うことを禁止したんでしたよね?

 

名前でその人を操ることができるって?

 

ソレ、
自分に使えば最高に結果出せるよね?

 

そう、私が言いたいのは
「お名前」大事なんですってこと。
名前は自分、愛着を持つこと超ダイジ。

 

それって名前の使い方次第では
自己愛200%になれるってことですよね?

 

名前から
あなたの「本質」が見えてくる秘密 、

っていうと大げさに聞こえますが、
よく知られるところでは、
ユダヤ人の名前についての話。

 

自己愛マイナス200%にしちゃう、「名前」を名乗らせる

 

という
酷い歴史的な事実がありました。

 

知ってましたか?

 

魂と直結してる名前だからこそ、
屈辱的な名前で人格破壊を目的
として悪用された歴史があるの!

 

ラルフ・ルーベン・リフシッツ

 

誰かわかる?

 

ラルフ・ローレンのこと!
リフシッツってのは「シット」が
ツイテルから想像できると思いますが
お尻のこと・・・

 

日本では明治維新とともに、庶民が
やっと姓を名乗ることを許されたの。

 

今年(2022年)は、明治 155 年

 

ヨーロッパのユダヤ人も、この時期に殆どの者が姓を持つようになった。

 

ユダヤ人も
姓を持つようになるまでは、
日本と同じように「〇〇屋」の三吉
とか、魚屋の太一とかで通じてた。

 

 

自分の職業によって、
シュナイダー(洋服屋)、
カンター(歌手)、
ラビノビッツ(ラビ)、
シュピーゲル(鏡屋)、
サンドラー(靴屋)、

 

 

住んでいる場所によって
ワルシャフスキー=ワルシャワとか、

 

 

あるいは外見上の特徴から、
クライン=ちび、グロス=大男
シュワルツ=浅黒いという言葉が
姓の代わりを務めていたりした。

 

↑↑Shoheiさんの作品
アインシュタイン
欲しいコール100回ぐらいして我が家に!
 

また、
姓を持てるようになったとはいえ、
日本のように、誰もが好きな姓を
名乗れたわけではなかったの。

 

一部の国のユダヤ人は「姓」を買うことを余儀なくされた。

 

当然、よい意味の「姓」は高く、
悪い意味を持つ「姓」は安かった!

 

ローゼンタール(薔薇)、
ゴールドシュタイン(黄金)、
ゴールドバーグ(金)、
グリンバーグ(緑)、
シルバーバーグ(銀)、
シュタール(鋼鉄)、
アイゼンバーグ(鉄)、
といった姓は高価だった。

 

 

当時、
ユダヤ人のほとんどは貧しかった。
そこで値段が安い姓が用意された。

 

それは、
ウォルフ(オオカミ)とか、
ウォルフソンなど、
動物名のものまであり。

 

しかし、
それすら買えない人も大勢いたわけ。

 

これらの人々には
更にひどい姓がつけられた。

 

今では、エゼルコフ=ロバの頭
フレッサー=脂肪
ヒンターゲシッツ=尻、なんて姓の
人たちは、ほとんど改名しているから、
今は、なかなか見当たらない。

 

当たり前だよね?

 

そういう歴史もあったことは事実。

 

なぜなら、

 

名前と魂が直結してるから「蔑み」の名前をワザワザ作ったの!

 

ひどいやり口でしょう?

 

 

自分のことを「蔑む」ようにさせる
人格支配がされたってワケ!

 

 

日本でも酷い名前に変えられた例は
沢山ありますが、それはまたいつか。

 

だけど、私は強く断言します!

 

名前に格上や格下があるか!そんなのありえないし!

お悩み・お問い合わせ

お悩み・筆跡診断のお申込みを承っています。
お気軽にお問い合わせください。