写経が効くのは「アルファ波」「シータ波」のおかげ。

写経が効くのは「アルファ波」「シータ波」のおかげ。

写経が効くのは「アルファ波」「シータ波」のおかげ。

 

毎朝の「憂うつ」をやっつける、
18文字のマントラ写経では
「アルファ波」や「覚醒シータ波」で
心身共に深いリラックスを味わえます。

 

ちなみにアインシュタインが
これらの「脳波」を利用するために
しょっちゅう「昼寝」と「落書き」
をしたことは有名な事実です。

 

脳波を替えて潜在能力を引き出す奥の手として昼寝していた

 

ようですが、

アインシュタインは波動のことを
「エネルギー」って呼んでいたんですね!

 

さすがです!

 

脳波の研究はさらに進んで
今は「ミッドα波」というのが、
アルファ波の中でもより
右脳全開になる脳波だとわかっています。

 

これはスポーツ選手などがいう

 

ゾーンに入っちゃうというまさに「神ってる」モード。

 

この
「アルファ波」とその中の「ミッドα波」

 

 

それと「覚醒シータ波」別名「瞑想波」
とも呼ばれる脳波で、
深いリラックスをもたらすとともに

 

 

右脳がハックされて、イメージ力が強まる、
ストレスの寛解ができる脳波の状態です。

 

 

とくに

 

「シータ波」は、誰もが無意識に持っている「否定的な意識の壁」が薄れるのです。

 

ですから

 

「シータ波」支配の時間を作ることができれば
「その状態は深い瞑想」をしていることなんです。

 

般若心経を書くことによって得られる
深い瞑想=書く瞑想は
シータ波で脳を満たされた状態にして

 

「深いリラックス」を感じる
瞑想状態を作り出すことができる。

 

最高の「おまじない」をたった10分
朝、書くだけで
心のゴミやストレスが解けていくから

 

朝いちばんに
脳の消費をそれほどしないで
「覚醒」するには書く瞑想の「写経」

 

まず、朝いちどやってみて、
気持ち良かったら、
一日を台なしにしないで済む。

 

一日気持ちよく過ごせて、
お風呂は寝る2時間ぐらい前にして
気持ち良く眠れば、

 

また、次の朝の朝活「写経」

 

これの繰り返しで
1週間も真言マントラ18文字を書けば

 

そして、

習慣にすれば

 

「朝起きるのが憂うつ」から卒業できるんです!

お悩み・お問い合わせ

お悩み・筆跡診断のお申込みを承っています。
お気軽にお問い合わせください。