毎日が「憂うつ」で朝起きるのが辛いあなたへ、かって泥沼だった私から

毎日が「憂うつ」で朝起きるのが辛いあなたへ、かって泥沼だった私から

毎日が「憂うつ」で朝起きるのが辛いあなたへ、かって泥沼だった私から

 

毎日が「憂うつ」で朝起きるのが辛いあなたへ
って、私もそうだったの。

 

 

長い長い回り道しながらも、
いつかきっと
「このやりきれない無力感」から抜け出せるって、
あっち行ったりこっち行ったり。

 

だけどそのたびに、

 
 

もう勘弁してくれーってほど「書き出しワーク」がてんこ盛り。

 

  

ともかく視点を変えたり、
過去の未消化の感情の整理をするんだけど、
ワークシートを前にウンウンうなるばっかり。

 

「父母に贈る魂から湧き上がる<原点の心>」
を書くワークもあった!

湧いても来ない「贈る言葉」
40分ぐらい無言で一言も書けずに・・・

 

言葉をひねり出す前に、頭の中じゃ
「出てこない・浮かんでこない」って繰り返すだけ。

 

「贈る言葉」となると、
感謝していないと湧き上がる言葉が出てこない。
 

だけどオギャーと生れてから育ててもらったから
「感謝するのは当たり前」という前提。

 

両親が愛し合っていなかったら
「あなた」はこの世に生まれてないんだから
「生れてきたという奇跡」をくれたことに
「感謝」できるよね?というのも前提。

 

 

確かに正論だし、
 

この世に生まれてくるにあたっては
両親は愛し合って結ばれたことは事実だったはず。

 

なんだけど・・・私の場合、母は実母で父は養父。
 

それで子供時代は「両親のすったもんだ」
に翻弄されて親戚を転々としたり、
ふたりの「罵り合い」を聞いて「怯えて」育ったの。

   

実父とは離れていたし、
大人になるまで会いに行ったりできなかった。

 

  

だから「過去」を掘り下げて
「原点の心」に戻るのが一番の苦痛。

 

 両親のお互いの家庭をめちゃくちゃにする
破壊行動もたっぷり「オーディエンス」として
見たくなくても見せられたから。

 

今は「二人はそういう縁だったんだろうね。」
とか
「抗えない運命みたいなものだったんだろうね。」
と理解しています。

  

でも、子供時代は
 

 

「母は父を捨てて知らないオジサンに走ってる」
悪い女という世間や親戚、
特に父方の叔父や叔母の「白い視線」、
「あの女の連れ子」という「蔑み」が痛かったの。

 

でも両親は晴れて再婚したら
「人並み」の絵にかいたような
「中流家庭」を作り始め、
私は「恵まれた家庭の一人娘」になった。

 

そうなると今度は母が
「誰のおかげで幸せに暮らせると思ってるの!」
と、何十回も繰り返される呪いの言葉になった。
 

でも生活に不自由したわけではありませんから、
そんな昔のことを根に持っている私が
感謝がたりない「親不孝娘」なんです。

 

 両親の介護問題に擦り切れて「ウツ」だったのに、
50年以上の昔のことを、それも普段の生活では
思い出さないでいたいことを全部書き出す。

 

  

まるでポケットがたくさんついている
リュックサックをひっくり返して、

  

すべての埃を全部真っ白なシーツの上にひろげるような作業。

  

今の自分の価値観からすると
「吐き気をもよおす」おぞましい子供時代なの。

 

 

それでワークには「しらじらしい言葉」の羅列するだけで、
心のゴミを出し切ることができなかったの。
 

 

私は「うつ」の時は(父は他界したけれど)
両親が介護認定やそれを受けたら
介護のサービスが受けられるようになることを
目指していました。

 

そうじゃないと四六時中、
二人から別々にかかってくる電話に出て、
まったく食い違う欲求をされて振り回されていたから。

 

週2回でも2人がデイサービスを受けてくれたら・・・
というのが「目指すところ」だったんです。

 

振り子の法則も、鏡の法則も、満月の法則も、
スゴイ無意識の法則も、

 

全部「過去の自分」の未解決の感情を引っ張り出して、
白日の下にさらし、それをやっつけるメソッド・・・

 

 

その未解決の感情を「引っ張り出すこと」を 
心が受け付けないので「カウンセリング・ジプシー」になって、

 

できない自分、勇気がない自分を再確認するだけに終わっていました。

 

 

その悶々期間にピリオドを打てたのは
金城幸政さんのメソッドで

 

 

・「今時、親に愛されなかったなんてフツー」

「子供って断片的に1場面の目撃者・体験者にされたときに無力だから、その時その場で解決できなかった自分に対する怒りがある」

「その根深い怒りや嫌悪感は共依存してるから」

「どうしようもない親もいるの、だけど愛されていなかったと決めたのはあなた」

「人生ドロドロ劇場の主人公をしたいから、そういうストーリーにしがみついてるの」

「いいの心の中で親に親切すれば」

・親切というのは自分の感情を大事にしてNOという拒絶をする見えないラインを引くこと」

 

 

でした。

 

 

 これで泥沼の過去の 
 人生劇場から撤退した私は自分の感情を大事にできる

 「書くこと」に方向転換していったの。
 

 

 

 自分のホメホメ日記、感謝日記、
ほぼ日手帳に、未来予祝、こういう
「書き物」系のメソッドは
自己啓発に多いけど、片っ端からやりました。

 

 

 

だけど、ここで
「ウソ」を並べていることに気づけなかったので
「効果」は芳しくない。

 

 

最終的には筆跡と写経に辿り着きました。

 

だってウソつかなくて済むから「身」「口」「意」が一致するもの!

 

「写経」も最初やってはカッコでやっていたので
(ほぼ10年前)ありがたい言葉を書いている、
難しい漢字を書いている、程度でした。

 

 

 

けれども平成25年、薬師寺さんに行って
「初めての写経」で「知らず知らずに涙流す」という
トランス・モードになって、「写経」にハマりました。

 

ハマったという言葉を使ってたけれど
「脳が気持ちよすぎて」
もはや「これ以上に気持ちよくなれる」瞑想はない。
と実感したの。

 

 

それ以来は、辛い時は「写経」という
ストレス解消をして
凹んだ日々をやり過ごすパターンができてきた。

 

 

ドクター苫米地ですら般若心経を 
「幸せになる自己洗脳できる、お経」
ということで、解説本を出してるくらい!
 

 

それから般若心経が「感謝のおまじない」
「万能のご利益の引き寄せ」
「宇宙の真理をたたえるお経」
確信してからは目の前がパーッと明るく開けたの。

 

 

その明るさは、静かな平和なあったかいエネルギー。

 

それもそのはず、
たった10分、真言マントラを写経するだけで
空海の「秘儀」で毎朝スッキリするんだから。

 

 

門を向こう側にぱーっと開けたら
明るいエネルギーが、もわもわーっと煙のように
こちらに入ってくる感じ。
体が寝たまま雲の上に浮いている感じなんです!

 

この写経での「書く瞑想」=「覚醒シータ波」モードが
書けば書くほど「感じられる」脳の仕組みができるの。

 

 

書く瞑想で波動をあげるスピードは、最速です。
 ヨガ瞑想、音楽療法なんて目じゃないスピード、 
もはや 「鬼にロケットランチャー」 状態!

 

自転車から新幹線に
乗り換えるような速さだと私は思っています。

お悩み・お問い合わせ

お悩み・筆跡診断のお申込みを承っています。
お気軽にお問い合わせください。