「お金の神様」の金毘羅さんはインドの鰐の神様「クンビーラ」

「お金の神様」の金毘羅さんはインドの鰐の神様「クンビーラ」

「お金の神様」の金毘羅さんはインドの鰐の神様「クンビーラ」 

さぁ、月末・・・となると慌てて、

お金のことなど計算したりして・・・

そういえば空海は、

お金儲けをして貢献するのがヨシ

としてたなぁなーんて、

お遍路さんツアーで聞いたなぁ、

と思って地図など見てたら・・・

月末のお金の計算は苦手なんで、

逃避して遊びだしちゃうんですね。(笑)

弘法大師はこの金毘羅大権現の

おつげにより徳島県三好市に

箸蔵寺(はしくらじ)を建立した

と伝えられている、というのを

ガイドブックで見つけました。

金毘羅さんは「お金の神様」で有名ですよね!

コンピラさん、

名前に「金」がついてる=ツイテルし、

縁起がいいよね!

金ぴかの「黄金」のエネルギー、

金毘羅という文字からも

やってきそうに思います。

コンピラさん、名前に
「金」がついてる=ツイテル
から 縁起いいよね!

金ぴかの「黄金」のエネルギー
金毘羅という文字からだけでも
やってきそうに思います。

さて、

日本語の漢字って 本当にスゴイ!

この 「金毘羅」ってクンビーラのこと
ガンジス川に住む鰐の神様 で、
水神様。

日本に鰐なんかいないからか水神様だからか?ちょっとアレンジして

日本では蛇型とされています。

クンビーラはガンジス川を
司る女神ガンガーの乗り物
ヴァーハナでもあることから、

金毘羅権現は海上交通の
守り神として信仰されてきた。

特に舟乗りから信仰され、
一般に大きな港を見下ろす
山の上で金毘羅宮、
金毘羅権現社が
全国各地に建てられています。

金毘羅神(ことひらのかみ)
金毘羅権現(こんぴらごんげん)は
香川県琴平町の象頭山に
鎮座する山岳信仰と 修験道が
融合した神仏習合の神様。

本地仏は不動明王、千手観音、十一面観音など諸説ある。

祭神は、

天竺からの飛翔仏であるがゆえ
日本の神々とは無縁!

そう全く関係ない・・・だから?

明治初年の神仏分離・廃仏毀釈
が行われた以降は、 大物主とされた。

いきなり神様を 挿げ替えちゃうなんて 外資のリストラみたい!

象だの鰐だの
インド映画に出てくる 神様だって
昔は「舶来品」の ハイブランドだったはず。

『神様事典』をみていると、
八百万どころじゃ足りないほど
大勢の神様がいらっしゃるの。

金毘羅さんも、金毘羅大権現は
薬師如来を守護する「薬師十二神将」の筆頭の仏さま「宮毘羅(くびら)大将」といわれています。

こんどは宮毘羅と来たか!って感じ。

その神々がいくつもの
名前を持っているばかりか、
外国人が日本の名前を
名乗るような漢字変換。

そこが

「文字表記」の 醍醐味でもあるんです!

だから 「あなたの中に住んでいる
お金の神様」が絶対にいるの!

月末は神様ソムリエとして
あなたの中に住んでいる
「神様探し」お手伝いします!

お悩み・お問い合わせ

お悩み・筆跡診断のお申込みを承っています。
お気軽にお問い合わせください。