そういえば「お金の神様」のお稲荷さんは出自不明の女神様?

そういえば「お金の神様」のお稲荷さんは出自不明の女神様?

そういえば「お金の神様」のお稲荷さんは出自不明の女神様?

 

通称お稲荷さんの
ウカノミタマは、
日本神話に登場する女神。

 

 

かわいいキツネさんしか思いつかない?まぁ、それもアリ!

 

『古事記』では
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

『日本書紀』では
倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

名前の

「宇迦」は穀物・食物の意味で、

穀物の神。

また

「宇迦」は「ウケ」(食物)の古形で、

特に稲霊を表し、

「御」は「神秘・神聖」、

「魂」は「霊」で、

「稲に宿る神秘な霊」と考えられる。

 

 

古事記にも日本書紀にも
性別が明確にわかるような
記述はないけれど、
古くから女神とされてきた。

 

『古事記』では
須佐之男命と神大市比売
(かむおおいちびめのみこと)との
間に生まれた子で、兄に大年神がいる。

 

『日本書紀』では
伊弉諾尊と伊弉冉尊の間の子とし、
食物の神を生もうという明確な意思
によって誕生する。

 

『諏訪氏系図』では
建御名方神(たけみなかたのかみ)と
八坂刀売神(やさかとめのかみ)との
子である八杵命(やきねのみこと)の子

 

孫ってことね?

このあたりで

 

神々の系譜が縦横無尽に
クロスしていて、宇迦之御魂神は
どの神様の子かわからなくなっちゃう。

 

けれども

 

神様って「名前」変えるし、どこにでも出現できる

 

から、

両親が不明でも何ら不都合はないの!

 

お名前と、その「御利益」=使命さえ
私たちにわかっていれば、
お詣りできるから!

 

古代は物々交換だったから
衣食住の神様だったけど、
今は貨幣経済になったから

「お金の神様」

 

神様だって時代に合わせて使命もスライドしていく

 

…スバラシイ!

伏見稲荷大社の主祭神であり、
稲荷神(お稲荷さん)として
広く信仰されている。

ただし、

稲荷主神としてウカノミタマの名前が
文献に登場するのは
室町時代以降のことである。

 

伊勢神宮ではそれより早くから、
御倉神(みくらのかみ)として祀られた。

 

ウカノミタマ。
「お稲荷さん」として知られていますね。

 

ウカノミタマは衣食住の助けるために、
私たちにに現実的な対応力を
つけるよう応援してくれる神様。

 

ご利益は衣食住の応援です。

 

稲から収穫する米は豊かさの象徴で、
稲の神・食べ物の神として、
広く信仰されたのですが、
時代の変化とともに、

 

食べるものに困らない

+

着るモノにも困らない

+

住むところにも困らない

ということから「お金の神」へと変化したようです。

 

代表的な神社は、伏見稲荷大社。
全国に三万社以上ある
お稲荷さんの総本宮で、
お社の数だけなら、日本一です。

 

お参りの後のスイーツ
八島ヶ池ほとりの休憩所
「啼鳥菴」にある「稲荷茶寮」が
オススメらしいです!

 

 

こちらは老舗茶舗「椿堂茶舗」
が運営するカフェで、
ドリンクや「お稲荷さん」を
モチーフにしたパフェ、
ぜんざいなどがいただけるらしい。

一度スイーツにも行ってみたいです!

お悩み・お問い合わせ

お悩み・筆跡診断のお申込みを承っています。
お気軽にお問い合わせください。