明日は父の百日法要+新盆なので、真言だけ書いておこう!

明日は父の百日法要+新盆なので、真言だけ書いておこう!

明日は父の百日法要+新盆なので、真言だけ書いておこう!

 

今日は、ちょっと贅沢に紺地の紙に
金文字で写経してみようと思いました。

が、金色筆ペンは色が乗らず、
金色墨液で真言だけ・・・無謀でした!

 

 

「18文字の真言」で介護ウツの時は
ずいぶんと救われました。

 

私は宗教嫌いとか色々あって、
「先祖に感謝」という言葉に対して
両親には、表には出さないものの
絶対に受け入れたくない
抵抗感があったの。

 

「ご先祖様」を大事にしなくては、
という意味がわからなかった。

 

「お墓参り」というのも
墓守ムスメだけどイヤでイヤで
たまらなかった・・・

 

そしてそこにある仏教臭さに
たまらなく嫌悪感もあったの。

 

けれども、

 

介護ウツでカウンセリングを受けた時、
両親との潜在意識での和解
が必要だとYSでもKHでも言われ、

 

カウンセリングでは
自分の心の底のどぶ掃除ができず挫折。

 

どうあっても「ゴミの吐き出し」が
できなかった。

 

悩みの大元の両親との不和や
両親の病院通いを、ケアマネさんへの
報告があるのでメモだけは
書かないとどうしようもない。

 

 

こんな暴言を言われた、
食器を投げたりする暴力、
ヒドイ妄想とウソの言動
を書き留めておく・・・
という自分正当化メモ

しかし

 

恐ろしいですよ!両親の悪口メモって書けないから。

 

字が乱れすぎて、
なに書いてるか読めないから・・・

 

モチロンしっかりした方なら
理路整然と書けるでしょう。

 

でも、私はメンタルが弱り過ぎて
「良心の呵責」みたいなものに
心がおののいて
文字が書けなくなったの。

 

それでしっかりしなきゃと
写経に打ち込み、筆跡に辿り着き
勉強して今に至っていますが、

 

このふたつは「必然」の出会いだったと
確信しています。

 

それまでは辛いことは
「なんでこんな目に?」とあたかも
偶然にイヤなことが起きてるんだと
思ったりしてました。

 

「空」とか「無」がものさしを捨てる
わだかまりを捨てるということ、
だと、書いているとじわじわ来るの。

 

「般若心経」は仏教とは関係なく
昔からの叡智だと思うと、
素直に受け入れることができた。

 

ハッキリ言って実家の宗教では
「般若心経」を使わないというところも
受け入れられた一因です。

 

そのぐらい実家の養父と、墓がある寺に
「血縁がない」事を理由に拒絶して
突っ張っていたの。

 

でもね、

 

ウツになっちゃうと辛くて辛くて・・・
外面は明るく振る舞っているだけに

 

介護ウツは、24時間、脳内では常に「深刻病」なの。

 

アップアップで泥沼で首まで水中、
下半身はもがく力も失われていく。

 

そしてね、そんな中

真言を書いていると、悩み忘れていれた。

 

家系にこだわるなんてナンセンス。
私たちは人類の子孫で、
今持っているDNAの記憶は
日本人意識の集合体のもの。

 

般若心経って
真言を讃えまくる言葉の羅列です。

 

真言って、感謝の叡智を共有するマントラ。

 

「真言」を書くことで、
今までの日々の生活で培った
様々なことが「私だけの世界観」で
起きてるんだってわかってきました。

 

「私の悩み」って、宇宙の法則、
地球の歴史、人類の歴史から見たら、
まったく問題じゃないとわかったの。

 

ご先祖様は、人類すべて地球人という種として同根。

 

少なくとも今は日本人なので、
今現在は、日本人の故人は

全部ご先祖様としちゃえばいいらしい・・・

 

DNAの中にご先祖様がいる説、
そうかぁ、と受け入れました。

 

そういう自分の中のウツウツを
クリアにするのが、祓い・鎮魂・言霊の
「書くこと」習慣です。

 

ウツウツでも、真言を書いていくと、
「真言」が持っている文字の力で

「遠津御祖神」=「ご先祖様」との
「日本人の祖先の集合」と繋がりを感じ、
さらには

介護ウツの不安は、繰り返して頭に浮かぶ
「負のエネルギー」=自分の被害妄想
をもっともっと大きくするエネルギーだと
だんだんと、わかってきました。

真言はウツウツにもよく効く!

とくに介護問題で行き詰っていたり、
腰痛みたいな痛みのある病気には
「集中」して黙々と書き写す行為は
頭を空っぽにできる。

この世を讃える言葉、
宇宙の法則を説いた漢字が
脳の疲れを根本から和らげます。

辛いと脳は、繰り返しエンドレスで「苦しい苦しい」と呻き続けますからね。

真言を書くことで悩み忘れて、
ウツウツ時間がなくなった。

それならやらないなんて、もったいないですよね!

お悩み・お問い合わせ

お悩み・筆跡診断のお申込みを承っています。
お気軽にお問い合わせください。